ツール・ド・ちば(ツール・ド・千葉)

ツール・ド・ちばの2日目に参加しました!

3日間で300キロ強を走るのですが、1日だけの参加もアリです。

a0012340_21331161.jpg


今年が第一回の大会でしたが、そもそも私自身が公道レース初出場なので、成功か失敗かはよくわかりません。

ただ、救急車は2台来ました。

1台は、走行中にボトルを落とした選手が、走ったままそのボトルを拾おうとして、スポークに手を巻き込まれてそのまま落車…

もう1台は、休憩ポイント直前で、休憩ポイントへの入り口を間違えて、慌ててUターンして落車。ムチ打ちの首輪を嵌められてピーポーでした。

1日目も救急車は来ていたそうなので、延べで何台来たのやら。

レース(と言っても競争ではなく、あくまでサイクリング)は、とんでも無い強風の中で行われましたが、私のチームは全員完走!

新入社員のS君なんかは、先輩から貰った10年前のマウンテンで参加でした。

もちろん整備なんかまったくしてなくて、ギアはさびさび、チェーンはなんにもしないでも自然に外れるほど。

あそこまで酷い状態の自転車は他になかったのではないかな?

それでも100キロを完走。お見事。

休憩ポイントは全部で4箇所あったのですが、

35キロ

75キロ

85キロ

95キロ

でして、35キロ~75キロの40キロがものすごくツライ。

ってか、バランスわる!!

指導員(主催者側の用意した競輪選手やら自転車協会の人が先導する)も、35キロから75キロ地点は、絶対に休憩ポイントを入れるべきだと力説していました。なにしろ、そこまで海をゆっくり見る機会が一回もないんだから…

ゴールは早い人は3時前。でも、そこからバスで100キロを戻る(次の日も参加の人はそのまま。)んですが、結局6時くらいにバスが出て、スタート地点についたのは9時。んで、自転車を引き取ったら10時くらいになりました。ここらへんは改善点じゃないかなぁ

ま、来年もあればですけど…


九十九里の潮風は髪の毛をバサバサにしてくれて塩辛いのですが、宿をとった白子の湯も塩泉だとかでしょっぱいのです。
[PR]
by geniusloci | 2006-10-11 21:33 | 自転車
<< SMILE BICYCLE T... 純情パイン >>