SMILE BICYCLE TOUR in大宮区民ふれあいフェア2006

昨日は「富士チャレンジ200」で富士スピードウゥイを走ってきました。

ショップの常連50人(!?)と一緒です。この人数は富士チャレンジの司会者もびっくりでしたね。

私が出たのは7時間エンデューロ。

エンデューロの意味もわからないままGO!

ちなみにメンバーの3人のうち、2人と面識がありませんがGO!

面識が無いのは、その二人が練習会にほとんど参加できなかったからですがGO!

ちなみに唯一知っている人も、みんなから「ダメオ」呼ばわりですがGO!

・・・まぁ、結果的にはなんの問題もなく。ってか、私が一番足ひっぱった!

今日からダイエットをします。

んで、今日は「SMILE BICYCLE TOUR in大宮区民ふれあいフェア2006」の下見です。

http://www.sideriver.com/bicycle/eventnews/200610/velo_eventnews2006101701.html

これがなんだかよく知らないんですが、会社の自転車部の人が関わっていたのか、それとも会社の近くでやるイベントだから関わってみたのか…

ボランティアスタッフと言うか、子供達と伴走するお役目を引き受けているんですよね。私にもお鉢が回ってきてます。

レースではありませんが、公道を子供づれで走るわけですから、そーとー怖いですよ。

「ツールドちば」でも公道を集団で走行する恐怖は味わってますし。

なんでも、自転車部の先輩が主催者に問い合わせて聞いたところによると、

・主催者とボランティアのスタッフで数人。

・伴走者とか、考えてませんでした。

・地元の自転車協会とか競輪協会(大宮競輪もあるしさー)には連絡入れてません。協力は受けられません。

・警察は協力するとは言ってました。交通規制はしませんから、人員は借りれませんけど。

・自転車が走るのは歩道か車道か?…いえ、考えてませんでした。

・車が1台後から出ますが、サポートはしません。と言うか、メンテナンスとか出来る人がいません。


…そんなわけで先輩、ボランティアを買って出たみたいです。

いや、個人的にはこんな危険なイベントには参加しないほうが…
[PR]
by geniusloci | 2006-10-30 17:49 | 自転車
<< SMILE BICYCLE T... ツール・ド・ちば(ツール・ド・千葉) >>