99

きゅうきゅうきゅううきゅー

…はい、救急救命講習ってのを受けてみました。

AEDとCPRの講習、分かりやすく言うと、人工呼吸と心臓マッサージと電気ショックの講習です。

これを受けるとなんか免許みたいなのがもらえるとか。

講習は消防署の講堂で行われました。

AEDと言うのを聞いたことがある人も多いかもしれませんが、俗に言う電気ショックです。

で、心停止の患者に電気ショックをして蘇生させる…なんてシーンをドラマとかでよく見ると思いますけど、あれはどうやらウソなんだとか。

電気ショック自体は、心臓を動かすのではなく、心臓を止める機械なのだそうです。

イメージと逆の効果でビックリです。

なんでも心停止した人の心臓ってのは、心臓マッサージをしても動かない「痙攣」の状態にあることが多いらしく、この痙攣を取り除くのが電気ショックです。

なので、電気ショックだけでは絶対に心臓は動き出しません。

絶対に心臓マッサージをしないとダメなんだそうです。

むしろ、なによりも心臓マッサージが大事。

手順は

人口呼吸
 ↓
心臓マッサージ
 ↓
AED

なのですが、人工呼吸は、あんまり意味がなく、一刻も早く心臓マッサージを始めるのがいいらしいです。

去年から、人工呼吸の回数が半分になって、心臓マッサージが倍になりました。

まぁ確かに、人間2,3分なら息を止めていても大丈夫ですしね。息をしなくてもしばらくは体内に酸素は残っています。なによりも脳に酸素(血液)を送るのが最優先です。

救急救命士曰く

「人工呼吸は(肺に空気が)入らなくても気にしないで、次の段階に移りましょう。そもそも家族以外の救助の時は感染症が危険性があるので人工呼吸はしないように!」

ですって。

さて実践です。

「じゃあ、どんな設定にしますか?」

私は3番目だったのですが、救命士の人が急に設定とか言い出します。いままでみんな40代男性だったのに。

「20代女性で!」

即決。だってこの設定が一番テンションあがるじゃん♪

「よし、じゃあ場所は駅のホームで、周りは人だかりが出来ています。初めてください!」

「はい、もしもーし、大丈夫ですかー!」

いきなり始まったロールプレイ方式に戸惑いつつも、人口呼吸のテンションは上がってます! 人工呼吸は完璧。

「じゃあ、服を脱がせますよー。」

AEDは肌に直接設置しなければいけません。空想の中の20代女性はキレイ系OLでアミタイツです。人形は上半身だけですが。

「あ、20代の女性ですからブラジャーしてますよ。」

「ええええええ?」

「どうします?」

「そんなもん、こうじゃー!」

剥ぎ取ります!

「ここは駅のホームで周りは人だかり。若い女性ですから、後で泣かれますよ。」

「手、手で隠します!」

「こーゆー時は回りの人に洋服で壁を作ってもらったり、目立たないとこに移動させたり、自分たちはそもそもブラジャー外さずにやります。後が怖いから。」

「え、えー(めんどくせー)」

「よし、じゃあフロントホックだってことで!」

「はい! フロントホック! フロントホック外しました!!」

「はい、続けて!」

「電気ショック入りマース!! みんな離れてー!ハーーー!」



えー、女性の皆さん、死にたくなければフロントホック!このことを忘れずに、日々のブラジャーライフを楽しんでください。



ちなみに、この日、一番上手だった人が受講生の前で実演をやったのですが、ハイ、私、やりましたよー

ちょっとね、テンション↑過ぎたかも。
[PR]
by geniusloci | 2007-01-17 20:50
<< ミンナノウタ 河口まで >>